FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re:Adieu

今更説明するまでもないことだが、最近は意外と知らない人が多いらしいので「リア充」の語源について記しておく。
その言葉は、戦時中のフランスで生まれた。
男たちは、戦いのため戦地に赴くことになる。
派兵はおそらく長期のものとなろうし、ともすれば帰ってこれないかもしれない。
フランスには「Adieu」という言葉がある。
これは日本でいうところの「さようなら」
すなわちお別れの挨拶だ。
ただし、「Adieu」は単なる別れの挨拶ではなく、特に長期の別れに際して使われる言葉だという特徴がある。
戦地に赴く戦士たちは出兵を控え、家族や友人、恋人に別れの言葉を告げる。
「Adieu」と。
彼らからも、「Adieu」と返ってくる。
「Adieu」を返してくれるような相手がいる人は幸せである。
それは、別れを惜しみ合う友がいるということだからだ。

Re:Adieu

そういった相手がいない戦士は、「Adieu」が返ってくるということで、彼らのことをそう揶揄した。

Re:Adieu

戦後、日本の西洋化が進む中で、その言葉も日本へと入ってきた。
インターネットの普及とともに、「Re:Adieu」はつづりが分からないということで「リアデュー」とカタカナ表記されるようになった。
それが、より発音しやすい「リアジュー」「リアジュウ」に変化していくのは当然の流れだったろう。
そうなると、更に「リア充」という誤字があてられるようになり、いつしか大多数が「リア充」を使うようになった。
この変化は、燃え→萌えに似通ったものがある。
「リア充」表記は、意味合い的にも「リアルが充実している」と、元々の意味と近いものだった。
そして今では、ほとんどの人が「リア充」は「リアルが充実している」の略称だと思っているようだ。
現代語時点を引けばその旨が書いてある。

言葉の意味は流動的ではあるが、こうして語源を知って言語変遷を知っておくことも重要なことである。

老人が「わし」とか「じゃ」とか言うのは、老いてから突然そういう喋り方になったわけではなく、「わし」とか「じゃ」とか言っていた世代(大河ドラマとかによく出てくる)が老いてしまったためである。
若い世代の喋り方が変わってしまったのだ。
将来的には「あげぽよ~」「ちょべりば」「ナウい」「バイバイララバイグッドバイ」と言う老人が現れることだろう。

将来の老人ホームでは、美しいおばあさんや美しい職員の人と仲良くしている老夫がいれば、他の老夫勢は「リア充爆発しろ」と陰ながら言うことだろう。

そういうこと言う人が老人ホームなんて入るのかと言われるかもしれないが、最近では「リア充爆発しろ」と言う人間も少なからず充実しているということが分かってきている。

また、老婆も老婆で、入れ歯の受け攻めや、老夫のカップリングに盛り上がることだろう。

老人ホームの将来は明るい。

嘘ー! 彼女いそうなのに~w(ファンタジー)

このセリフが実際に発されることはあるのか?
少なくとも僕は現実にそんなことを言われたことはないし、誰かがそういうことを言われているのを聞いたこともない。
僕は彼女がいるから当然と言えば当然なのだが……。

まあ「彼女がいるから」と言ってしまえば話がうまく展開できないので、僕にまだ彼女がいなかった頃の話をしようか。

僕はしばしば「神ちくわって彼女おるん?」と女子に聞かれたものだった。
どのくらいの頻度でそれを聞かれたかと言うと、大体一時間に一回程度と言って間違いない。
休み時間ごとに聞かれていると考えればわかりやすいだろう。

神ちくわって彼女おるん/h である。

余談だが、一時間に一回えっちをする場合は「h/h」と表記するのだろうかと今思ってしまった。今度からハンターハンターを読むのに支障を生じそうである。

それはともかく、彼女おるんと聞かれた時の話を続ける。
その頃まだ彼女がいなかった僕は、それを聞かれる度に「あ、いや、あ、いないけど……」と、流暢に答えた。
そうすると聞き手の女子は「え、なんでつくらんの?」と、素朴な顔して聞いてくる。

この「え、なんでつくらんの?」を、どう取るべきか。

解釈1)
え、(神ちくわほどの容姿・優しさ・女性に対する理解度・血統・人望・懐の深さ・奉仕精神があれば彼女を作ることも容易であるのに)なんでつくらんの?

単純な疑問。彼女を作ろうと思えば作れるのに、なぜ作ろうとしないのかを不思議に思っている。

解釈2)
え、(神ちくわほどの容姿・優しさ・女性に対する理解度・血統・人望・懐の深さ・奉仕精神があれば彼女を作ることも容易であるのに)なんでつくらんの?(もしかして小さいの? でも私はむしろ小さい方が好きだな……)

自分が彼女になりたいがために探りを入れようとし、その裏で彼女がいない理由を自分なりに勘ぐっている。

解釈3)
え、(神ちくわほどの容姿・優しさ・女性に対する理解度・血統・人望・懐の深さ・奉仕精神があれば彼女を作ることも容易であるのに)なんでつくらんの?(もしかして女の子には興味がない? そういえばマイピクチャにポ○モンの裸画像が大量に……)


単純な疑問系であるが、彼女をつくらない理由を勘ぐっている。1との大きな違いは、彼女をつくらないことに対する懐疑から神ちくわの性嗜好などに何らかの異常があるのではないかと探ろうとしている点である。

解釈4)
え、(神ちくわほどの容姿・優しさ・女性に対する理解度・血統・人望・懐の深さ・奉仕精神があれば彼女を作ることも容易であるのに)なんでつくらんの?(もしかして病気? だったら、私は神ちくわとどう付き合っていけばいいのだろう)


彼女をつくらない理由がある種の病気に起因していると察し、自分がそういった病気を持っている人とどのようにして付き合っていくべきかについて真剣に考えている。たぶん保健の授業を真面目に受けていたのだろう。僕ほどの人間に彼女がいないというのだから、それを疑われてもしかたがないかもしれない。

解釈5)
え、なんでつくらんの?(まあお前に彼女とかできるわけねーわな)

最近O山氏が発表した斬新な解釈。しかしあまりにも現実味のない斬新なだけの解釈であり、学会では一笑に付された。

以上5通り。
最有力は2だろうか。こういったことを聞く場合、対象が好きだから探りを入れているという可能性が高い。
だからと言って、べつに僕のが小さいというわけではない。これはあくまで一例としてあげたに過ぎない。

ただこの間僕が驚いたのは「大きい=ステータス」というのは都市伝説だと思っていたのだが(コミックLOにおいても上田裕が小さい方がいいとか書いていた)、意外とそうでもないらしいということだ。
いつぞやの同窓会で久々に再会した女性陣らが、ある共通の知り合いらしい男性をさして、以下のような会話をしていた。

「なんであいつイケメンじゃないのにあんなにモテるん?」
「ちんぽがでかいんじゃね?」
「いや、そうでもなかったって」

再現度100%、言っていたままを文字に起こしただけである。
この会話から分かるのは、女性の視点から見ても「大きい=ステータス」が真らしいということだ。
それ以前に突っ込みたいところが色々あるのだが(流れで勘違いしないでほしいのだが、突っ込みたいというのはなんでやねん的意味合いである)、脱線しすぎるのもなんなのでやめておく。
おそらく、乳も大きいのがいいから茎も大きいのがいいという考え方なのだろう。
まあ乳の方は実際大きいのがいいに決まっているが。
姉はなぜか「もっと小さい方がいい」とか、こないだ言っていたけれど(実話)
そう言いつつ、大して大したものでもないのだけれど。
よくわからないものだ。
悲劇的ヒロイズムというやつだろうか。

こんなに胸が小さいなんて、私、なんてかわいそうなんだろう……みたいな。

……何の話だったかな。

そうそう。彼女おるん?の話。

ある時僕は、いい加減通り一辺倒な答え方もいやだと思い、以下のように答えた。

「神ちくわって彼女おるん?」
「え、いや、あ……いないように見える?」特有の笑い顔。

この言い方だとあたかもいるかのように思われる。
こうすると彼女がどう反応するか、試そうと思ったのだ。

すると彼女、

「あ、これ絶対おらんわwwwwww」

とものすごい失礼なことを言って、一人腹を抱えて笑いながら、唖然とする僕を教室にさしおいてどこかへ行ってしまいました。

なぜあの時彼女はそうと確信することができたのか、あるいはエスパーだったのか……未だにその理由は分からないままだ。



そういうわけで、ついさっき「なんであれでいないってわかったの?」と聞いてみた。

すると、

「彼女いる人はあんな気持ちの悪いこと言わねーから!」

と言って、妻は呵々と笑った。

やれやれ。

今日

6:00~11:30 特に何もしない

  ~21:30 寝る

おわり

too slepp

働かず遊ばず学ばずだと人間こうなるものだなと感心している今日この頃

今思うこと

こんばんは。今日もオフィシャルブログhじぇようこそ。

神ちくわです。

実は、前々から思っていたことがあるんですが……

僕ってすごくないでしょうか?

いや、何も僕がすごいって言いたいわけじゃないんですよ。

ただね、ブログを適当に読み返してみてですね。

「毎日こんな面白い記事を書けるなんて、これを書いている人はすごい! あ、僕やったW」とつい思ってしまって。

そう思って、ついつい書かずにはいられなかった。

何も自慢とか自己顕示とか宮沢賢治とかそういうのじゃないんですよ。

ただ、素朴な感想として、仮に僕がジェダイの騎士に記憶を消されたとして、そして目が覚めた時最初にこのブログを見せられたら僕はどう思うか?

と、そんなことを考えながら、このブログを読んでみたんです。

たぶん、僕は、このブログを母親だと思い込むでしょう。

そうなるともう、このブログに甘えまくりですよ。

僕「あーあー、おっぱい、おっぱいー」なんて言う僕。

ブログ「はいはい、もう仕方ないわねー」みたいに、ブログも表面面倒そうにしつつちゃんと応対してくれる。

実際にはブログは僕の母親ではないというのに。そもそもブログは人の母親になれるのだろうか。

しかし見てほしい、ブログを本当の母親と思う僕、また僕を本当のこどものように大事にするブログ。

ここにも、家族の形があるのではないだろうか。
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。