FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストマックエーク!

本日は晴天なり。釣り堀に来てくだすって毎度かたじけない。

ちくわでしゅ。
宣伝ありがとうございますでしゅ←見てますアピールです。

いつもながら書くことが特にないですので適当なことを書きます。
重要そうなことは意外や大して重要でなく、適当そうなことの中にこそ真理あり、と、誰かも言ってましたしね。
まあ、いま僕が考えたんですけどね。


僕はいま現在十九歳です。
十九歳というのは、なんだかとても微妙というかデリケートというかバリケードというかバリヤードなお年頃だと思います。

人はおおむね十八歳になり、十九歳になり、二十歳になります。
十八歳になった時には、晴れて『十八禁』の壁を乗り越えることができます。
これまでの悶々としていた気持ちを薙ぎ払い、サザエさんのエンディングの波平もかくやという勢いで『十八歳未満立入禁止』の布(のれんっていうのかなー?)を天元突破できます。
それに、えっちなサイトの「あなたは十八歳以上ですか?」という質問に対し、泣く泣くYAHOO!に飛ばされる、といったこともなくなります。
ぼくはきまりをまもるえらいこなので、じゅうはちになるまではいつもやふーにとんでいました。

一つ飛んで、二十歳といえば成人です。十八歳以上にできることがたくさんふえます。できることというか、しなくてはいけないことですか。
選挙権をもらい、衆議院や参議院に立候補し、保険に加入し、就活をし、年下の親類にお年玉を泣く泣く渡し、免許を取得し、パスポートをつくり、いろいろ書類を書いて、確定申告をし、不確定な未来を憂えなければなりません。
だいぶ適当なことを書きました。こうだから、「近頃の若者はなってないワン」なんて言われるんですね。
ちゃんと調べときましょうね。
そして、お酒が飲めるようになり、おタバコが吸えるようになり、覚せい剤が使用できるようになります。
ぼくはきまりをまもるえらいこなので、どれもやったことはありません(ほんとう)
しかし、二十歳になってもおタバコは吸わないろうなあと思います。
高飛車なおタバコさんは近頃お高くとまったようですし(タバコさんがバタコさんに見えましたか? ふふふ)
しかし、おタバコを使ったマジックっていうのを一つやってみたいなあとも思ってるのです。

「タバコを口から吸って、煙を鼻から出します」

っていうやつ。関西圏では大ウケ確実ですこれ!
や、そんなどうでもいいネタのためにおタバコ吸おうとは思いませんが。

それから、覚せい剤は二十歳になってもやっちゃ駄目ですよこれ。
みさなんの一般常識力をテストしたのです。
小学生の頃「シンナー吸うのは二十歳から」なんてポスターを描いた子がクラスにいましたけど。
「二十歳から」じゃねえよ!

純文学なんかだと当然のごとく主人公が薬物キメてたりしますけど、真似していけませんよ。
ライトノベルこそが正しい在り方であってライトノベルの主人公は(少なくとも僕が知っている限りでは)薬物なんてやりません。
ですから、みんなもやっていけませんよ。
「でもライトノベルのキャラって素で薬物キメてるみたいなの多いよねー(笑)」とか、ほっとけ!

話が逸れましたが(それだけ僕は薬物に対して真面目な姿勢を持っていると言えよう)、要するに十八歳も二十歳も人生においては結構大きな意味を持つ年齢なのです。
そしてその間にある十九歳。これが厄介なもので、特に何もない歳なんですな。
十八歳と二十歳との休憩というか?
僕自身も十九歳のうちにヤっておきたいことがあるですが、なかなかどうして事はうまく運ばず日は一日二日と過ぎていくばかり。

まあ、いく歳ってところですかね。

∈( ・´◡`・ )∋19なだけに。



…………

十九歳というのはまだ悩み多きお年頃でもあるので、色々絶望してしまうこともあるかと思います。
しかし若い時の恥は買ってでもしろというみたいに、若いうちに色々絶望しておくことも大切じゃないかと思います。
様々な絶望の経験が心胆を強くし、また別に悩んでいる人に良き助言を与えられるようになることでしょう。

∈( ・´◡`・ )∋絶望することによって身につく舌鋒。


……おっと、大丈夫ですか?
いや、僕があんまり面白いことを言ったので腹筋が砕けてしまったのではないかと思いましてね^^


正直これが言いたかっただけです。
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。