FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イマダカタチアルカツテノアレ

本日も虚構に満ちた釣り堀、ありがとうございます。
中学の卒業文集で、将来の夢は「子の願いが叶うことが親の夢」と書き、貰いたいものは「木彫りのヒトデ」と書きました。

神ちくわです。いま思い出してもはきゅんはきゅんします。
思えば神近が作家を志した最大級の理由にEAとCRANNNNADOがあったように思います。
「俺もこんなすごいの書いてやる!」とか、意気込んでたような気がします。
それがなんだっていまみたいなのを書いているのかというとそれこそ人生は紆余曲折あるものですからね?

高校三年間ずっとずっと一つの壮大な物語を考え続けて連日考えに考えを重ねまくってあたためまくっていたところあたためすぎて原型がわからなくなり壮大すぎる話はもはや収集のつけようもなく窓から全力でポイするほかないという有様になったのです。
誰しも一、ニ度は経験する出来事ですよね。ですよね

しかし、その頃考え続けていたことが、意外にもいまになって役立っています――

――などということは全くなくその頃のことは無駄の極みと言わざるを得ず、役立った点が万一あったとすればそれが無駄だったということに気付けたという点一つに限るのみ。

と、そういう風に言ってしまうのもやはりただでさえアレ気味だった高校生活が完全にアレになってしまうように思われるので、ともすれば無意識のうちに役立っているものと思ってしまうのも悪くないように思います。

ま、まあ、ちょっは認めてやるにやぶさかではないけど?

と。


どうでもいい話ですが、未だ実家に帰ると『エターナルエンドレス』という字が彫られた机が置いてあって、なんだか、いつ見たって、なんだか、なんだかなあ。
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。