FC2ブログ

クリスマスに妹が欲しいって書いたら母親がサンタに以下略

こんばんは。タイトルに釣られてやってきたみんなにはおはよーございます。

昨晩は神近が無闇にはしゃいでいてとにかく鬱陶しかったです。
「神近くん! 神近くんだって! ふひぴぴび! そーいえば例のあとがきでもそんなことを書かれていたなあ!」と、全日本気持ち悪い神近選手権に出場せんばかりの勢い。
しかし下には下がいるのでせいぜい五位くらいにおさまるんでしょう。
女性に免疫がない人間はこれだから、全く。本人は「女性に免疫がないのではなく免疫がありすぎるため女性が近寄れないのだ」と言い張ります。何いってるんだろう。

四畳半とIWGPのスープの回を見てどうしようもなくラーメンが食べたい神ちくわです。

そういえば先日『私の愛したいっしょにとれーにんぐ』のあらすじを書いた際、

――あなたはいまでも、筋トレを続けていますか。

と、最高にクールなキャッチコピーで締めたわけですが、しかし考えてみるとやはりキャッチコピーというのは非常に大事なものじゃないかと思います。
それ一つでまんまと釣られてくれるわけですから。

「売ってください!」「買わせてください!」にしただけでたくさん売ってくれるようになったという胡散臭い話もありますしね。
「綺麗に使ってください」より「いつも綺麗に使ってくださってありがとーございます」のほうがいいとかなんとか。

こう、人の心理にぐいーとくるやつがいいんですよやはり。
「買わせて」とか「いつも綺麗に使ってくださってありがとーございます」とかだと、「全くオレってばいいことしてるゼ」ってなりますので。

ここで補足しておきますが、「いつも綺麗に使ってくださってありがとーございます」は風俗のキャッチコピーではありませんからね、なんか、勘違いされそうなので、一応。

で! 小説の帯とかにもキャッチコピーがつくわけではないですか。
例えば『貧乏姉妹』だと、「うわっ…私の年収、低すぎ…?」みたいなのがついてます。
気になったのが目に付くと、つい、とっちゃいます。

それで、つまり、手にとってもらえるキャッチコピーってどんなだ! って考えたのです。
言っておきますが、これはべつにボケへの振りではありません?

せっかくなので目につくもの全てにキャッチコピーをつけてみようではありませんか!

綿棒
口では言えないあんなところにも届きます!

黒い携帯電話
神近ゆうの指紋つき!!

炊飯器
ごはん、炊けます!

アジシオ
――武田信玄「ウマきこと煮貝の如し」


うーん。難しいものだなあ。

大体、こういうものは普通そんな、そういう風なキャッチコピーつくもんじゃないんじゃないかしらん?
ちょっと特異なキャッチコピーがつくのはやっぱり漫画とかアニメとかの創作物ですよねぇ。
いやしかし敢えて普通のタマゴとかにキャッチコピーつけるのも面白い試みではあると思いますが今は面倒だからいいや。

そういうわけで手元にある漫画小説に新たなキャッチコピーを上塗りしようかと思いましたが怖いのでやめときます。
怖いのでとか言ってますが本当は面倒くさいだけです。

……なんかうまく纏まらない。
仕方ないので、適当にオチをつけて終わりとしましょう。


↓オチ





































サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR