FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカリヘ

さあて、ぼちぼち“セカイ”“闇色”に…………アん?

なんだ、こりゃあ……?

ぐう、ヘンだぜ、こいつは…………

ぎ、


ぎいいやああああああああああああああああああああああん!!(残酷の断末魔)

………………

…………ふう。

闇は、去ったようですね。

まさか、一度ならず二度までも“闇ちくわ”が目覚めてしまうとは……

おや?

“あなたは誰?”といった風な顔をしていますね。

私は“光ちくわ”です。

闇あるところに光あり、光あるところに闇があるのです。
世の中に、月と太陽があるように。

本来私は俗世に居てはならない存在です。
しかしそれは“闇ちくわ”とて同じことなのです。

彼がこのセカイにいては、セカイはたちまち色彩を失い、“闇”に染まってしまうでしょう……
だからこそ、私は近畿を犯してまで、こうして俗世に現れました。
彼に、セカイを闇に染めさせられたりはさせられかねます。

しかし……攻撃が浅かったようです。“闇ちくわ”に逃げられてしまったよう……
私の“光迸る閃光の一閃 ―光―(ライトブライトネスオブワンモアライトトゥライト)”をこうも容易く受け切られるとは思いもしませんでした。
私の光パワーが失われつつあるようです。既に、セカイが闇に染まりつつあるとでもいうのでしょうか。
現況を打破するためには、政権交代しかありえません。

なんとかして人々の心に“光”を取り戻し、セカイを“闇”から解放せねばなりません。

そのためにも、私は起たねばなりません。
みなさんとの別れはこの上なく名残り惜しいことですが、それでも私は起たねばならないのです。
泣かないでください。別れは悲しいことではありません。きっと、いつか、帰ってきます。
セカイが少しずつでも明るくなってきたら、その時は私のことを思い出してください。

……ああ、もう起たねばならない時間のようです。
時間というのは残酷ですね。
どうか、笑顔で見送ってくださいね。旅立つ前に見たみなさんの顔が泣き顔だなんて、私まで悲しくなってしまいますから。
そうです、その顔です……

――それでは。




僕は今でも、あの日のことを忘れない。
光ちくわが築いてくれた今のセカイを。
今のセカイが築かれたのは、光ちくわという人が居たからだということを忘れない。

あの時、光ちくわは僕たちに対して、言ったんだ。

――ありがとう。私は、みなさんのことが大好きでしたよ。
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。