FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼は死ぬためにこそ旗を立てにいく。

神竹輪です。オリエント工業で作られています。

さて、ビフテキを食べておなかを膨らました神近は一次選考を突破したくらいでテンションが上がりまくって夜も眠れず徹夜をしたようです。
そしてどうにも夜通しで何かよからぬ考えを起こしていたようで……

「こういうインタビューをされたらこう答えるんだ、ぐふふぅ」とかほざいていました。
評価シート云々とか言ってたのはもう忘れちまったんでしょうか。
しかし人にはバイオリズムというものがありますから、徹夜で頂端に達したのかもしれません。

ですがね。
そういうインタビューがどうのこうのとか考えるのは一般的に言ってインタビューを受けることのない人間の妄想に終わるものだと相場が決まっているのです。
確かに作家志望というか歌手になりたいとか芸能人になりたいとかいう人もそうなんでしょうが、往々にして有名でもないのに有名になった後のことばかり考えちゃう傾向があります。
取らぬ狸の皮算用という言葉を何度浴びせても「このインタビューにはこういう面白い答えを用意しててさ」とかいう妄想を膨らますのです。
症状が悪化してくると「このキャラの声優は」とか「実写化するなら俳優は」とか「絵師さんは」とか「看板タイトルになって」とか、もうあたまおかしいことを言い出したりします。

そういう痛々しい妄想に費やす時間があるのであれば少しでも創作活動に精を出したらどうなのかと僕は思います。
しかし神近は今も涎を垂らし、「爆売れ、アニメ化、劇場化、二次創作……」とかわからぬことを少し危ない表情でぬらぬらと呟き続けます。

往々にしてかくあるものなのでしょうか。いや、未来人のみなさんにも思い当たるふしはなきにしもあらずでしょう?

ただ、神近に関しておそらく一般の作家志望と違っているのは、アニメ化と実写化とかそういうものよりなにより、二次創作の同人によるエr
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。