FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロノタネー

おはようございます。神ちくわでっす。

本を読んだので感想めいたものを書こうかと思います。

病ミノ中ニ佇ンデ (ガンガンノベルズ)病ミノ中ニ佇ンデ (ガンガンノベルズ)
(2011/03/26)
オヤジギショウ

商品詳細を見る

ででーん。第一回スクウェア・エニックスライトノベル大賞(長い)入選『病ミノ中ニ佇ンデ』です。

やー……相当面白かった。
相変わらず語彙が貧弱ですいません。面白い良いすごいしか言えません><
もっと精進します。

それはともかく。

タイトルを見れば大体分かると思うんですが、病んだ人たちの話です。
「中二病」という言葉で「そういう人」たちが揶揄されるこのご時世、こう真っ向から中二ちっくなキャラクターを正しく書けるというのもすごいなあと思ったり。僕が言うとまあ、なんか、アレですが。そうでもない?
「よもや中二かぶりか?」と考えたけれど余裕で杞憂でした。つーかかぶったところで何の問題もありませんでした。

これ、何章かに分かれてて、章毎に語り手(と言っていいのか)が変わったりします。
僕の場合は、一章終わるごとに「次の章はどんなだろ?」と引きこまれていきました。
こっちのキャラはどういう風に病んでるのかなという好奇心めいたものといいますか。
仮に次のキャラに興味が持てなくても、章開始の一二ページでぐいぐい引っ張られちゃいそうです。
誘いこみがうまいんですねえ。
陰惨なシーンもありますが、そこがメーンというわけでもないし、そんなに好き嫌いも分かれないかと思います。
大概の人は本来的に狂ってる部分があるはずですし、かえって共感しやすいんじゃないでしょうか。
元来変態心理と正常な心理とは連続的であります」と、誰かも言っていましたしね。

それから内容もさることながら、文章も堅実だったり「いわゆるラノベ」っぽかったり、その辺りも楽しめました。
というのもまあ、章毎に語り手が変わるので、それに合わせて文体がぽこぽこ変わるのです。
一冊の小説の中でこういう風に文体が変わるのは、「同じ人が書いてるんだなあ」とか考えてもなんだか面白いなあと。
キャラクターごとの差異も際立ってきますし。
文章自体も無駄がなく、引っかかることなくすらすら読めました。

投稿時点でほとんどこれと相違ないものだったとしたら本当に大賞もらってもおかしくないと思うんですが、まあ、そこは僕がとやかく言えるものでもないので。
それだけ面白かったということを理解していただけるとありがたい。

それから、千羽ちゃんという子がかわいかったです。
それだけに、彼女のイラストがなかったのが至極個人的に悔やまれる。
ギギギ……

それから内容とは関係ないですが、PNの「オヤジギショウ」
僕はてっきり「オヤジギ ショウ」さんかと思っていたんですが、なんと「オヤジ ギショウ」さんだそうです。
そこで区切るのかっ!

内容だけでなくペンネームでまで意表を突かれるとは思いもしませんでした。
「オヤっさん」とフレンドリーに呼ばれると胸が熱くなるそうです。

うむ。

まあ、この感想を読んで一人でも興味を持っていただければ幸いです。

病ミノ中ニ佇ンデ (ガンガンノベルズ)病ミノ中ニ佇ンデ (ガンガンノベルズ)
(2011/03/26)
オヤジギショウ

商品詳細を見る

もう一回貼ってみたりする。
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。