FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おう

こんばんはから始まる恋があってもるるる。
世の中は暑い暑いと言われてますが、僕の部屋は涼しいですね。
文明の利器、ありがたし。

神ちくわです。
カーニバル。

今日もまた一本フラグをへしおってしまいました。

具体的な話をします。

授業が終わった後、突然女の子に話しかけられました。
見覚えのある子でした。
たぶん、同じゼミの子だと思います。
ゼミの子の名前も、もう三人くらい覚えましたが、彼女の名前は未だ覚えていません。
まあそれはどうでもいいです。きっとそのうち覚えるでしょう。

それでまあ、曰く「この授業結構休んでて>< ノート貸してくれない?」とのことでした。

へーへー。

普段話したこともないのにわざわざ僕にノートをせびってくるとか、これは間違いなく惚れてるなって思いました。

察しの悪いあほは、ここで「恥も外聞もなくとにかく単位がほしいんだなこの女野郎は」と思うんでしょうが、僕は察しがいいので「ノートというのは口実で、僕との接点が欲しいんだろうな」とすぐに気づきました。
なんといっても僕は文学やってるので、そういうことには簡単に気付くのです。えへん。
きっと、返してもらったノートをぱらぱらとめくってると、途中のページに告白とか書いてたりするんですよ。
『芥川龍之介』って書いてた部分が『芥川龍之好き』に摩り替わってたりするんですよー!
まあ、僕がそれに気付くのは彼女と結婚してからしばらくして~みたいな感じなんでしょうけど。
「い、今更見つけるなぁ~///」ポカポカ
そんな感じです。ふふふ。

しかし、一つ問題がありました。

僕はまともにノートをとっていないのです。自分自身にしか分からないようにしかとっていないというか。
まあ、自分自身ですら全然分からないんですけど。
だってほら、高校時代まではノートなんてとろうがとるまいが別に、って感じだったではないですか。
え? 僕だけ? 普通の人はノートとらないとだめなのかなー|^~^|
大体、僕はよっぽど彼女より休んでますし。

そういうわけでノートは貸すに貸せないのでした。

しかし自慢ではありませんが、僕は生まれてこのかたノートや教科書の類を他人に貸したことがありません。
いや、べつに、誰にも「貸して」って言われたことがないとか、そんなんじゃないです。邪推はやめてくれません?
勉強っていうのは自分でやらなきゃだめなんですよ!!
代返とか代筆とかやっちゃいけませんよ。楽しようとしてはいけません。

楽に得た単位は、楽に失います。

名言炸裂しましたよ。
ほら、今すぐ「ドキュメント」フォルダに入ってる「神ちくわ名言集.txt」を開いてコピペしてください!
灘高校の先生の言葉のパクリとかそういう言いがかりつけるのやめてくれません?

そういえば、昔一回だけ、隣に座ってた見知らぬ人から「これ出しておいて」と出席用紙を渡されたことがありました。
出しませんでした。
えへん。

ノートを貸したことはありませんが、中学時代、知らぬ間に僕のノートがなくなっていて、教室の中央で読み上げられていたことはあります。
何が書かれていたノートだったかは推し量るべし。


話が逸れました……が、何を話そうとしていたのかいまいち思い出せない。

ま、とにかくまた一本フラグのフラグメントが砕け散ったという話。

^^


ふらぐ・ぶれいかぁ―フラグが立ったら折りましょう (電撃文庫 く 8-1)ふらぐ・ぶれいかぁ―フラグが立ったら折りましょう (電撃文庫 く 8-1)
(2011/07/08)
黒宮 竜之介

商品詳細を見る
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。