FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちなみに僕は全部は揃えてません。

こんばんは。新装開店神釣り堀へようこそようこ。
何が変わったのかって、特に何も変わっていません。

人は変化を求めつつも、不変を望んでもいるのです。
このままではダメだと思いつつ、いつまでもこんな時間が続けばいいのにと、そう思わずにはいられません。

人間とは、かくも自己矛盾を孕んだ生き物たるか。

神ちくわ(哲学者)です。
去年哲学の授業を取って余裕の不可でした。
哲学においては、単位を取るよりも、取らない方が、哲学しているように思いませんか?
言ってる意味が分かりません?
うん。それこそが哲学。

さて。

先日久々に学生生協に立ち寄ってみました。
学期末でレポートをばりばり印刷しないといけないので、コピーカードを買おうと思ったのです。

コピーカードを買うついで、何かめぼしい物はないかと生協売店を軽く見て回りました。
まあ、こういう時に見るのは普通、本ですよね。
なんといっても、僕は本の虫ですから。

【ボケ】ファーブル昆虫記

【ツッコミ】おい。それは本の虫じゃなくて、虫の本だろ

そして書棚の辺りを跳梁跋扈していたら、ふと前はなかったコーナーが新設されていることに気がつきました。
遺骸! それはライトノベルコーナー!
やったー! 僕は大いに喜んだ。

どんな本が置かれているのでしょう。
僕はいたいけな青少年らしく、横目でちらちら見てみます(正面から見るのはハズいW)
緑の背表紙と白の背表紙が目立ちます。
というか、その二種類しかありません。

具体的に言うと、MF文庫とGA文庫です。
その二つだけです。

僕は顎をかしげました。

どういうチョイスなんでしょう? 天下の――というか天上の電撃はないのに。
萌え豚御用達レーベル? とか言ったら、炎上しかねないのかな。炎上する要素ないんですけれど。

電撃は作品が多すぎるから一つのコーナーじゃ足りないと判断された、という風にも考えられます。

電撃のラノベを一つの本棚におさめるなど、ゴルフのホールにドッジボールを入れる行為に等しいのです。
もっと通俗的な例え方もあったのですが、僕は紳士なので、こういう比喩に留めておきました|>_<|b

そういうわけで、GAとMFなんでしょうか?
MFだって十二分に多いですがー。

しかしですね。

一つの本棚にライトノベルを置くのであれば、もっと適したレーベルがあると思うのです。
そう――一つのの本棚にレーベルのラノベを全て揃えることができる夢のようなレーベルがー!!

一体どこのレーベルかって?


ふふふ、それはですねーー



萌え萌え文庫ー!!


はい。

こちら、萌え萌え文庫でございます。
一つの本棚どころか、ブックカバー一つで足ります。
今度、二冊目が出るそうです。
みんな買おう! 一応媚びておきます!!



……なんですか。期待してたのと違います?

うん。僕もそう言われるんじゃないかと思っていましたよ。


はいはい、こちらですよね。


このライトノベルがすごい!文庫ーー!!

はい。期待の真性です。
新人賞の賞金が高額なことで有名……なのかな?
新人の作品のみを刊行というスタイルを現在はとっているので、今なら書棚一つで事足りる!
神近はここで余裕の一次落ちを喫して以来肉々しく思っています別に気にしてません。
神近は、呼吸をするように一次落ちする。そういう人間です。
一次落ちなんて言わなければバレないのに潔く皆に知らしめるこの態度に敬意を表してほしい、とは、本人の言。
忘れがちですが、僕と神近は別人です。忘れてはいけないポインヨ。



これでもないですか。そうですね。僕もそう思っていました。
まあ三度目の正直ということで素直に書きます。
ガンガンノベルズです。
ものすごく素直に書いてしまいました。

フォントをいじらず、エクスクラメーションマークもつけず、変な改行もせず、決して奢らず、単位を取らず、授業に出ず、そういうものに、私はなりたい。

いけない。僕の心の芯に根付いている文学的魂が我知らず顔を出してしまって文脈と全く無関係な僕の心情を吐露してしまった。
文学読んでるとこういうところがついつい表に出ちゃうんだよな(笑)

それではい。

ガンガンノベルズです。

スクウェアエニックスノベルズの頃から指折り数えるとGA文庫やガガガ文庫やレディガガ文庫より古い歴史を刻んでいる、あのガンガンノベルズ!
しかしながら、一つの棚で事足ります!

選りすぐりの超絶面白いライトノベルだけを厳選して出版していることが分かりますね!

事実、ガンガンノベルズは超絶面白い作品が揃い踏み!!!!

しかもそれが、一つの棚におさまってしまうのです!!!!

ガンガンノベルズ全巻をおさめた棚は、そこはかとなくまばゆい光を放つとまことしやかに囁かれています。
内容の優れた小説を並べるとそういう現象が起きるらしいと、柳田邦男が言っていました。
まあ、光る小説という意味でのライトノベルですからね。当然そういうことも起きましょう。

どうですみなさん。一度、光る棚を見てみたいと思いませんか?


全国各地津々浦々の大学生協へ!!!

ライトノベルコーナーを設置するなら、是非ともガンガンノベルズをオススメします!!!

みんなも買おうガンガンノベルズ!!!!!
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。