FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定調和的に予定外な邂逅を求めて

神はちくわが食べたいです。


諦めてはいけないところでは早々に諦めるくせに諦めるべきところではなかなか諦めることを知らない神近は今日も運命的邂逅的な何かを求めてヒミコMk2をかっ飛ばしました。

じてんしゃ! じてんしゃ! じてんしゃ! じてんしゃ! じてんしゃ!
トイレ! トイレ! トイレ! トイレ! トイレ行くよ!


神近は再びお祭り会場にやってまいりました。
三日前の閑散ぶりが嘘のような盛況ぶりでした。

神近はよくわからない高揚感に包まれたまま、お祭り会場を一人で練り歩きました。練るみたいに歩いてました。

しばし浴衣姿の乙女に目移りしながらしかし素知らぬ風にあちへこちへと歩きまわります。

(誰か話しかけてこないだろうか)

神近はちらちらと脇へ視線を向けたりします。腋へ視線を向けたりもします。
……人のフェティシズムに関しては、僕は特に口出ししないことにしています。

まあしかし、当然のごとく神近に話しかけてくる人なんているわけないのですがね。

神近曰く、「女性陣は『キャーあの人カッコイー! でもあんなにカッコイーんだから、彼女とかいるんだろうな……私なんかじゃ……』みたいな心理が働いて誰も俺に話しかけられないのだ」と。

ちょっとなにいってるかわかりません。

「でもまあ、仕方がないな。我は福山雅治に似ているとよく言われるくらいだから[要出典]彼女らの気持ちもわからんでもないさ」

この根拠のない自信は一体どこから湧いてくるのか。
課題もレポートもやらずに祭りに行ってこの意味不明な余裕は何なのか。
全てはあほの所業でしょう。あと福山雅治に謝れ。

誰に話しかけられることもなく、何も買うこともなく、神近は傲然と座って闊歩する人たちの様を眺めていました。
ひどい営業妨害ではないですか。おまわりさん、あいつはひっつかまえてもいいですよ。

それでまあ、眺めているとオードリーの春日に瓜二つの女性やら、スパッツをはいた女の子やら、仲の良さそうな中学生の男女を見かけたそうです。
あと、ぶつかっては離れるという謎の行動を繰り返し続けるカップルも見かけたそうです。

「あれはなんだったのだろう」神近も首をかしげていました。

それから、自分以外に一人ぼっちの人が見当たらなかったことに軽い衝撃を受けたそうです。

「や、まあ、べつにぼっちでもいいんだけどサ。なんだか自分だけぼっちというのはへんてこな感じだ」


まあそういったわけで、帰り道に立ち寄った店で『Keep The Beats!』のマキシマムシングルを購入して帰ったそうです。

第二回運命戦記はこうして膜を閉じました。



既にそもそもの目的を見失っている感がばりばり出ていますが、気にしないことにしましょう!


ばいばい。
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。