FC2ブログ

模擬オフ会

もうちょっとアクティビティーな人間になるべきではないかと、僕はそう考えた。

思えば僕は消極的に過ぎた。
オフ会があると聞けば「へー楽しそう! 次の機会があったら参加しよう!」と、まだ参加を閉めきっていない内から事を「次の機会」に託して「今この機会」を悠々と逸してきた。
そして「次の機会」が訪れたら訪れたで「また次の機会」に事を託す。
ワイルドタイガーでもそんなしょっちゅう「GO NEXT!」って言ってないよってレベル。そろそろ僕も能力に目覚めるべき。

そうして「ドンマイドンマイ! ツギツギー!」とか言っている間にオフ会参加者たちは次第に膣内仲を深めてイき、尚更参加しづらくなる。
仲良く遊んでいる人たちに向かって「入ーれーて!」と言えたこども時代は遥か遠く。
今となってはただひたすらに待機の姿勢。かわいい女の子が股を開いて「入ーれーて!」と言ってくるのを待つばかり。
ごめんこの話あんまり関係なかった。

いつまでも待ち続けているわけにもいくまいと。二年くらい前の記事にもほぼ同じこと書いてるけどそのあたりはなるべく気にせず。
一転攻勢に出ようと思ったわけだ。
エロ漫画で言うと「あら、もう出ちゃったの? 早いわねぇ……え……? 嘘、また大きくなって……やっ、ダメ!」のあたり。
別に相手の意表を突く必要はない。

そういうわけで積極的に動かねばと思い立ったはいいが、いきなりオフ会に参加して心臓麻痺を起こしても困る。
やはり体を慣らしておかねばなるまいと。

僕は今絶賛就活中なわけだが、グループディスカッションやらグループワークやらをやっていて一つ気付いたことがある。

「あ、これオフ会じゃん」と。

GDやGWは◯◯社志望オフ、みたいなものだと理解したのだ。
そうと考えればGDやGW特有の緊張感も薄れるしガチオフ会の予行にもなるし、一石二鳥ではないか。
GDのメンバーたちもネットで知り合ったあの人この人に思えてくる。
メンバーに霧島さんという人がいたのでつい「きりりん氏~」と呼ばわったら「きも」と返され、「うはwwwwガチきりりん氏ktkr!」と、隣のぷーりん氏と共に盛り上がったこともあった。
ちなみにその時のGDはサイレントお祈りされた。面接官氏~(泣)

と、オフ会云々というのも一部の人にはお察しのことかもしれないが、スクエニラノベオフがこれまで少なくとも二回あってその二回ともGO NEXTの精神で見送ってきたわけで、三回目くらいはさすがに参加したいなと思ったりしたのだ。
三回目から参加すれば「GO NEXT」にかけて「ヒーローは遅れてやってくるもんだぜ?」という決めゼリフを放つこともできる。
仏の顔も三度までという言葉もある。
たった今「仏でも三度見するレベル」という表現を思いついた。使いたい人は使っていい。

スクエニラノベ作家勢はどうにも常軌を逸脱した方が多いらしく、僕みたいな普通人オブ普通人フロム普通人が現れた日にはすぐさま洗脳をほどこされて翌朝には「チクワペドスキ!」「チクワショタモスキ!」「チクワNTRダイスキー!」「チクワケモアイシテウー!」と連呼する将来有望な犯罪者予備軍の出来上がりなのではないかという気がするし、逆らおうにもイオナズンを放たれて僕全員が100くらいダメージを受けて結局洗脳を受ける破目になるものと思ってこれまでは二の足を踏んでいた。
(スクエニの関係者はみんなイオナズンが使えるのではないかと僕は思っている)

しかしながら虎穴に入らずんば虎子を得ずの言もある。
恐れの虫を踏みつぶして参加するのも大事ではないかと思い至った。

難しいのが参加表明をするタイミング……なのだが、記事が長くなりすぎたので続きはまた明日か明後日か。

果たして神ちくわがオフ会に参加できる日は来るのか?
つづく(GO NEXT)
サイト内検索
プロフィール

神ちくわ

Author:神ちくわ
かつては針小棒大を卑猥な言葉と思っていたよ

Twitter
最近の記事
記事カテゴリ
アーカイブ
リンク
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

キューRコード
QR